ハロン湾1泊2日ツアー体験記★女子旅にイチオシ5つ星船【アリサクルーズ(Alisa Cruise)】

ハロン湾クルーズには、格安の日帰り英語クルーズから豪華な5つ星船上泊クルーズまで、様々なクルーズ船があります。あり過ぎて、どんな船で行ったらいいか迷ってしまいますよね。

そんな数あるハロン湾クルーズの中、当サイトのきらきら女子スタッフ なおみ さんのイチオシは「アリサクルーズ(Alisa Cruise)」!ラグジュアリーな船内や美味しいお料理が乙女の旅心をくすぐります。

この記事では、日本の大手旅行会社でも「アリサ号」として販売されている、ハロン湾の超人気5つ星クルーズ船「アリサクルーズ」を体験記を中心に徹底的にご紹介します。

アリサクルーズ体験記

まずは「アリサクルーズ」のツアーがどんな流れなのか、体験記でご紹介。

トラベルハロン湾のなおみさんがアリサクルーズに乗船しました。なおみさんと一緒に旅している気分で読んでみてくださいね。

※この記事はEZ VIET Travel 2018年掲載「ハロン湾クルーズ船「アリサクルーズツアー」に行ってきました!」を再編集したものです。

ハロン湾ツアー 1日目

送迎はラグジュアリーなVIPバス

8:00 宿泊ホテルにアリサクルーズの送迎車が迎えに来ました。

ホテルのロビーまでガイドさんが迎えに来てくれるのがうれしいところ。ハノイ旧市街エリアなら、無料ピックアップがあります。

※トラベルハロン湾で予約した場合です。公式サイト及び他社サイトでは、送迎はオプションになることもあるので、予約時に確認しましょう。

注目はお迎えに来た送迎車の車内!

アリサクルーズの送迎車はラグジュアリーなVIPバスです。さすが5つ星クルーズ、送迎車も手を抜いていませんよ。足元は広々、USB挿し口もあり、なんとWiFi完備です。USB挿し口があるから、充電がなくなる心配をせずに、ハノイからハロン湾への移動中も安心してスマホが使えます。ダウンロードした映画でも見ながら、のんびり移動はどうでしょうか。

♡なおみのおすすめポイント➀♡ 送迎車はゆったりラグジュアリータイプ♪

※WiFiは使えないこともあります。

ちなみに、平均的な4つ星バスはこんな感じですよ。

5つ星と4つ星、バスの仕様がだいぶ違いますね。

また、なおみさんが参加した2018年は、ハノイからハロン湾まで一般道を利用していましたが、2020年現在、アリサクルーズの送迎車は高速道路利用になりました。これまで片道3時間半~4時間だった移動時間が、1時間短縮して2時間半~3時間程度に。往復2時間の時間短縮、これは嬉しい。

ハノイからハロン湾までは、途中1回、休憩をはさみます。2018年当時は、お土産物などが買える日本のサービスエリアのような休憩所だったのですが、今は真珠の養殖を見学できる休憩所での休憩となっています。

アリサクルーズ船用ラウンジに到着

クルーズ船が出発する港に到着しました。送迎車を降りたら、アリサクルーズ船用のラウンジへ。送迎なしで自分でハロン湾に集合する人もいるので、今日の乗客全員が集まるのを待ちます。

チェックインもこのラウンジで。英語での会話はちょっと心配ですが、チェックインは名前を言うだけで大丈夫なので、英語に自信がなくても全然問題ありません。なおみさんも、とてもスムーズにチェックインできました。

スーツケースなど大きな荷物は、チェックイン時に預けます。そうそう、ハロン湾クルーズってスーツケースがあっても、全然問題なく参加できるんですよ。

全員がそろい、クルーズ船の出発準備が整ったらいよいよ乗船です。船の乗り口まで、小舟で移動します。

Welcome to アリサクルーズ

12:30 乗船するとさっそくウェルカムドリンクが振る舞われました。わ~なんだか素敵ですね。女子旅にはテンションが上がるサービスだと思います。

ちなみテーブル中央に置かれたワインはフリーではありませんのでご注意を。クルーズ船内では基本的にお金はかからないのですが、飲み物は別料金で、下船時に請求があります。

すべての人が席につくと、スタッフさんの紹介とクルーズ船やスケジュールの説明が始まりました。当然といえば当然ですが、すべて英語。半分わかったような、わからないような…。

でも、英語がわからないからって、アリサクルーズに参加するのをあきらめないでください。スタッフさんたちが、わかりやすく伝えようとサポートしてくれます。

♡なおみのおすすめポイント➁♡ フレンドリーなクルーズ船スタッフ♪

ビュッフェランチでお腹いっぱい

13:00 クルーズ船についての話が終わると、いよいよお待ちかねの船上ランチです。ランチはビュッフェ形式で、春巻きなどベトナム料理を中心に、お肉、お魚、野菜、デザートなどなど、盛りだくさんでした。

ドリンク代は別ですが、クルーズ中の食事代はすべてツアー代に含まれています。

ベトナムというと生春巻きを思い浮かべる人が多いと思いますが、揚げ春巻きもおすすめですよ。中華風の春巻きとは違って、皮がサックサクで美味しいです。エビやイカなど、ハロン湾でとれたシーフードもいただいちゃいましょう。

♡なおみのおすすめポイント③♡ 美味しい食事でお腹も満足♪

ラグジュアリーなお部屋

ランチの後は、鍵をもらってお部屋へ。この写真だけ見ると、陸上のホテルのようですよね。ハロン湾は波がほとんどないので、船内ということを感じさせません。

ドアを開けると、素敵なお部屋とベッドが待っていました。旅行中って、1人でどれだけ使うんだ、って枕の数にテンションあがりますよね(笑)

なおみさんは1名参加だったので、ダブルベッドでしたが、もちろんツインベッドのお部屋もあり。トリプルやファミリールームもありますよ。

アリサクルーズは、ラグジュアリーなのに、派手過ぎない日本人好みの内装。ラグジュアリー感で、女子はちょっぴり姫気分?

そして、素敵なお部屋とともに、大きな窓とプライベートバルコニーがついているのも、ハロン湾クルーズ船ならでは。ハロン湾の景色を独り占めできちゃいます。

♡なおみのおすすめポイント④♡ ラグジュアリーなお部屋で姫気分♪バルコニー付がnice!

※バルコニーのないお部屋もあります。バルコニー希望のお客様は「バルコニー付」と記載のあるお部屋をお選びください。
※2019年11月に内装を若干変更しています。

鍾乳洞へ!スンソット洞窟

14:20 お部屋に入ってほっと一息ついていると英語の船内放送が入りました。何を言っているのか全部聞き取れなくても大丈夫。放送が入るのは何かの予定がある前。スケジュールの用紙をもらえるので、それを見れば、放送のだいたいの内容を理解することができます。

さて、最初の放送は何のお知らせだったかというと、スンソット洞窟見学がスタートするというもの。

すべてのアクティビティは参加してもしなくてもよいので、船に残る人もいます。スンソット洞窟へ行きたい人は放送があったら、とりあえず部屋から出て1階レセプションへ行きましょう。洞窟へは小舟に乗り換えて行くので、乗り遅れないように。

洞窟に着くと、ハン・スンソットと大きな看板がありました。

ハンとはベトナム語で洞窟のこと。そしてスンソットとは「驚く」という意味。ガイドさんは英語で「サプライズ・ケイブ」と説明してくれました。日本語では「びっくり洞窟」と紹介されることも。サプライズ・ケイブの方がなんだか響きがかっこいいいですよね。

洞窟へは長い長い階段を上っていきます。アラサー女子にはちょっとこたえる?歩きやすい靴やサンダルで参加するのは鉄則ですね。

しかし、がんばって登った後には、サプライズの名にふさわしい洞窟が広がっています。

中は本当にびっくりするくらいの広さです。おそらく日本にこんなに大きな鍾乳洞はないのではないでしょうか。スンソット洞窟は、ハロン湾の鍾乳洞の中でも最大級だそうです。

ライトアップされて、神秘的。何万年、いやいや、何億年もかけてこの洞窟が作られたと思うと、すごいですよね。

鍾乳洞を一通り見て外へ出てみると、絶景スポットが。みなさん、ひたすら写真を撮り続けていましたよ。

鍾乳洞を見に来たのに絶景も楽しめちゃう2倍お得なスンソット洞窟ですね。

シーカヤックに挑戦

16:00 鍾乳洞見学を終えたら一度クルーズ船に戻り違うエリアへ移動。それから、濡れてもいい服に着替え、再び小舟に乗り換えてやってきたのは、シーカヤック乗り場。

カヤックなんてやったことないから心配、なんて言わないでくださいね。

女子や小学生でも簡単にカヤックを漕ぐことができます。2人乗りになっていますが、1人でも大丈夫です。なおみさんは1人でチャレンジしました。カヤック初体験だったのにもかかわらず、楽しめました。ひっくり返りそうになることもありませんでした。

カヤックはせずクルーズ船に残ってのんびり過ごすというのもありですが、カヤックから見る景色はクルーズ船からの景色とは一味違います。思い切って大自然を満喫しましょう。

ちなみに、このカヤック体験代金もツアー代金に含まれています。

♡なおみのおすすめポイント⑤♡ アクティビティに積極的に参加♪

鍾乳洞も、カヤックも自由参加ですが、絶対に楽しいので参加するのをおすすめします。

クッキングクラス&サンセットパーティー

カヤックから戻ったら、クルーズ船でまったりタイム。お部屋やデッキ、好きな場所でハロン湾の景色を楽しみながら思い思いの時間を過ごします。しかしそんな時間もつかの間、次のアクティビティがスタート。

18:15 次のアクティビティは、船上デッキでのクッキングクラスでした。

クッキングクラスのメニューは生春巻き。気になる生春巻きのたれの作り方も教えてもらいましたよ。生春巻きの皮って、ぬれたタオルの上に置くと、上手に巻くことができるんですね。

私たちアジア人にとって春巻きを巻くのはそんなに難しいことではないけれど、欧米の方はけっこう苦戦していました。でも、もちろん優しいスタッフさんが巻き方のコツを教えてくれます。

こちら出来上がった生春巻き。

実はこのクッキングクラスの時間、サンセットの時間でもあるので、サンセットパーティーも同時進行でした。スイカやちょっとしたおつまみが無料。

ビールを飲みながら、自分で作った生春巻きを食べる。

そして、うっとりするような夕日。

ハロン湾に沈む夕日の景色が船上泊を選ぶ醍醐味です。1泊2日ハロン湾ツアーを選んでよかったと思う瞬間ですね。日帰りツアーだと、こんな体験はできないですよ。

♡なおみのおすすめポイント⑥♡ ハロン湾のサンセットタイムを満喫できる♪

ちょっぴり豪華なアリサのディナー

19:00 いよいよお待ちかねのディナーです。ランチと同じレストランスペースに集まりますが、今度はビュッフェではなくコース料理です。

パンとキノコのスープから始まり、カキにエビとシーフードが続きます。船上ディナーはやはりシーフードをいただきたいですよね。

そして、メインは魚のグリルなんだけれど、食べ方はとってもベトナム風。

ライスペーパーに野菜やお米の麺をのせて焼いた魚も一緒にくるくるっと巻いていただきます。いろいろな味が合わさって、絶妙なおいしさ。いろいろなハーブが楽しめるのも、とってもベトナムらしいですよね。

ベトナム滞在時間が短い人は、ハロン湾でもベトナム料理を中心にいただきたいですよね。アリサクルーズのお食事はベトナム料理中心です。

夜のリラックスタイム、イカ釣りも

食後はフリータイムです。ゆっくり過ごしましょう。こちらはバー。飲み物はクルーズ代に含まれませんが、ちょっと贅沢な気分が味わえるかも。

自由に使える釣竿が置いてあるので、イカ釣りも体験できました。なおみさんが参加した4月はイカのシーズン。20分に1回くらい誰かが釣っていましたよ。

ただ、それ以外のシーズンでイカを釣るのはちょっと難しいかも。

以上で1日目終了。アリサの船上泊ツアー1日目は、ビュッフェランチから始まり、スンソット洞窟、カヤック、クッキングクラス、ディナー、そしてイカ釣りと内容盛りだくさんな内容でした。

2日目に期待しつつ、おやすみなさい。

ハロン湾ツアー 2日目

ハロン湾クルーズの朝は太極拳から

6:15 ハロン湾クルーズの朝は太極拳から始まります。太極拳は英語で「Taichi (タイチ)」。3階デッキに集合して、レッスンスタート。

ゆっくりとした音楽に合わせて、先生の動きをまねしながら、太極拳のポーズをとっていきますよ。

早朝のためか、参加する人は少なめでしたが、ハロン湾の朝の空気はとっても気持ちいのでこれもおすすめのアクティビティです。

♡なおみのおすすめポイント⑦♡ ハロン湾の朝の空気を感じて太極拳♪

ホテルみたいな朝食

6:45 朝食はホテルの朝食ビュッフェ風。食べたいものを好きなだけどうぞ。

卵はその場で、自分の好みに調理してくれます。オムレツ、目玉焼き、スクランブルエッグ…あなたは何がお好みですか?

そうそう、昨日釣ったイカも調理されていましたよ。イカ釣りも頑張りましょう。

ティートップ島で絶景&海水浴

7:45 朝食を終えたら、最後のアクティビティとなってしまいました。小舟に乗って、ティートップ島へ向かいます。

ガガリーンの次に宇宙へ行ったソ連の宇宙飛行士ティートップさんが、ホーチミンと一緒にこの島を訪れ、ティートップ島と名付けられた島です。

上陸するとティートップさんの石像が迎え入れてくれますよ。

ティートップ島にはビーチがあり、海水浴をしたい人はここで泳ぐことができます。4月だとまだちょっと肌寒いかも。ベトナム北部は、実は冬があるので、泳ぎやすいのは5月ー10月くらいまでです。欧米人は1年中泳いでいますけどね。

海水浴をしない場合は、島の奥にある階段を上って、小山の頂上を目指しましょう。けっこう大変です。1日目の鍾乳洞の階段よりきついかもしれません。

※別日(6月)に撮影

でも、がんばった先には、絶景が待っていました。ティートップ島1番の見どころは、小山から眺めるハロン湾の景色です。ハロン湾を上から見下ろす景色は爽快。「これが私が見たかったハロン湾だ!」という景色ですよね。ティートップ島は、ハロン湾クルーズの締めくくりにふさわしい場所でした。

実は、ラグジュアリータイプのハロン湾クルーズの中には、ティートップ島に行かないツアーもけっこうあります。ラグジュアリータイプの4つ星、5つ星クルーズ船は人が少ないクルーズエリアをあえて選び、定番エリアを外す傾向があるのです。

ラグジュアリーな船で、定番スポットであるティートップ島にも行きたい…そんな人におすすねなアリサクルーズです。

♡なおみのおすすめポイント⑧♡ ティートップ島で絶景写真♪

早めのビュッフェランチ

9:45 チェックアウトタイムになってしまいました。荷物をまとめて部屋を出ましょう。大きな荷物がある人は、お部屋のドアの外に荷物を置いておけばOK。スタッフが荷物を運んでくれます。

そして、レストランスペースにやってくると、食欲をそそる香りが立ち込めます。ちょっと早いランチタイムです。

2日目のランチでは、その場でフォーを作ってくれました。ベトナムと言ったらフォーですよね。

ビュッフェのお料理も充実。写真はハロン湾の名物イカのさつま揚げ。イカのさつま揚げはぷりっぷりですよ。

食事のあと、バーカウンターで飲み物代の支払いがあります。乗船中ドリンクを頼んだ人はここでお支払い。クレジットカードも使えます。

※クレジットカードには数パーセントの手数料がかかります。ベトナムでは店舗ではなく利用者がカード手数料を支払うのが一般的です。

クルーズの最後の景色を楽しむ

だんだんと港が近づいてきました。楽しかった1泊2日のハロン湾クルーズももうすぐ終わり。

ハロン湾を名残惜しみつつ、デッキに出て、ハロン湾クルーズ最後の景色を楽しみましょう。

仲良くしてもらったスタッフさんと記念写真をパチリ。アリサクルーズのスタッフさんは皆、親切なので、英語ができなくても、なんとかなります。

旅行中、おひとり様だったなおみさんに色々と声をかけてくれたカップルともパチリ。

帰りもハノイまで快適に

12:00 帰りの送迎車に乗り込みました。帰りの送迎も行き同様のVIPバス。移動中に睡眠をとって、午後からのハノイ市内観光に備えるのがベストかも。

2020年現在、アリサクルーズは往復高速道路利用なので、15時頃、ハノイ旧市街に到着します。旧市街エリアなら、希望の場所に降ろしてくれます。行きのピックアップと違う場所でもOKです。

アリサクルーズの1泊2日ハロン湾ツアー終了です。

アリサクルーズ船内の様子(2020年版)

2019年11月、アリサクルーズは船内を改装しました。定期的に改装を行うことで、造船してからの年数がたっても、常に新しい船のような設備を保っているアリサクルーズです。

また、アリサクルーズには、アリサラグジュアリークルーズ(左)とアリサプレミアクルーズ(右)がありますが改装に伴い、どちらも同じようなデザインになっています。プレミアの方が、バルコニーのあるお部屋を多く持っていますが、スケジュールやお料理に大きな違いはありません。

ちなみになおみさんが乗船したのは、2018年当時のプレミアクルーズです。

アリサラグジュアリークルーズ

スライドショーには JavaScript が必要です。

真っ白なボディーが印象的なアリサクルーズ。すっきりしたデザインが特徴です。

アリサプレミアクルーズ

スライドショーには JavaScript が必要です。

白地にウッディーなラインが加わり、少しシックなデザインのクルーズ船。バルコニー付きのお部屋が多数あります。

アリサクルーズのお申込み

アリサクルーズお申込み

トラベルハロン湾では、アリサラグジュアリークルーズ、アリサプレミアクルーズともにお取り扱いがあります。各クルーズ船ごとの詳細ページをcheckしてください。

(ラグジュアリークルーズ:2名様1室4300円から)

(プレミアムクルーズ:2名様1室44280円から)
なおみさんが乗船したクルーズ船はコレです!

トラベルハロン湾のアリサクルーズは送迎付き!

トラベルハロン湾でアリサクルーズをお申込みいただいた場合、料金には往復送迎が含まれています。

アリサクルーズ公式サイトや他社でご予約された場合、送迎は別料金になる場合があります。

また、トラベルハロン湾でご予約された場合、万が一送迎車のピックアップが遅れてしまった際のお客様へのご対応は、アリサクルーズにかわって、トラベルハロン湾スタッフが日本語で行います。

ツアー中は英語ガイドのご案内となりますが、ピックアップまでのサポートは日本語で安心です。

なおみさんに相談しよう!

「アリサクルーズ、ちょっと良さそうだよね!」と思ってくれた皆さま、もし不安があったら、ご予約前にお気軽にトラベルハロン湾にお問い合わせください。実際にアリサクルーズに参加したなおみさんが直接、皆様の疑問にお答えします。

アリサクルーズはトラベルハロン湾イチオシの1泊2日ハロン湾ツアーですが、英語ツアーになりますので、出発前に疑問は全部解消されていくのをおすすめします。

★★メールアドレスはこちら★★
ezviettravel@gmail.com

件名に「アリサクルーズ質問」と入れていただけると助かります。

アリサクルーズまとめ

アリサクルーズはハロン湾で人気の5つ星クルーズ船です。日系大手旅行会社でも「アリサ号」として販売されており、サービスや安全面でも非常に信頼があるハロン湾クルーズ船です。

往復高速道路VIPタイプのバスによる送迎、ラグジュアリーな客船、お料理も豪華、そしてカヤックや海水浴などのアクティビティも充実、もしハロン湾船上泊を考えているなら、アリサクルーズを検討してみる価値は十分にあると思いますよ。

皆様のハノイ旅行がより一層素敵な旅になりますように!

そのほかのハロン湾1泊2日クルーズもチェックしてみてくださいね。