ハロン湾でGrab(グラブ)は使えるのか試してみました!【ハロン湾でのGrab利用】

東南アジア旅行と言ったら、今やなくてはならないスマホアプリ「Grab(グラブ)」。グラブさえあれば、現地語がわからなくたって、現地価格でタクシーやバイクタクシーを乗りこなすことができます。ぼったくりの心配も、煩わしい値段交渉もナシでとっても便利。

ベトナムでも、ハノイやホーチミンなどの大都市では、当然このグラブが使えるわけですが、「ハロン湾」はいったいどうなの?ってちょっと疑問ですよね。今回はハロン湾でGrabを使ってみることにしました。

Grab(グラブ)とは

グラブとは、配車アプリです。スマホにアプリをインストールし起動させ、ピックアップしてほしい場所と目的地を入力すると、車が迎えに来てくれ、目的地まで連れて行ってくれます。車だけでなく、バイクタクシーを呼ぶこともできます。

そして、このグラブアプリのすばらしいところは、事前に料金がわかること。また、クレジットカードの登録もできます。

利用後はドライバーを評価できるのもポイント。評価があるので、ぼったくりなど変な対応をしてくるドライバーはゼロに限りなく近いと思います。

シンガポールに本社を置き、東南アジアの8ヵ国で利用できます。

Grabが利用できる8か国

タイ、ベトナム、カンボジア、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、ミャンマー

Grab公式サイト(ベトナム):https://www.grab.com/vn/en/

グラブは残念ながら、日本語対応ではありませんが、わかりやすい表示なので英語の設定で誰でも使えるはずです。1度、アプリを試しにダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

ハロン湾にGrabはいるの?

ハロン湾でグラブバイクを呼んでみよう

グラブのアプリを起動させると、バイクも呼べる表示が出てきました。

車が75,000ドン、バイクが34,000ドン。半額以下なので、だいぶお得な金額です。ぜひとも、バイクを利用したいところです。

しかし…。

ハロン湾に、バイクのGrabドライバーは、ほとんどいないようです。滞在中、3回Grabを使いましたが、3回ともバイクタクシーは見つかりませんでした。

私は実際につかまえることができませんでしたが、数人はバイクドライバーの登録者がいるようです。アプリの地図を開くと時々、ドライバーを見つけることができます。しかし、2020年現在、ハロン湾でバイクは呼ぶことは非常に難しいと思った方がいいでしょう。

グラブカーを呼んでみよう

バイクに対して車はというと、どうでしょう?

地図を見てわかる通り、多数の車がハロン湾にいます。3回グラブを使おうとし、3回とも見事に車をつかまえることができました。

ハロン湾では、グラブバイクはNGですが、グラブカー(タクシー)ならば問題なく使うことができますよ。

グラブはドライバーが決まると、ナンバー、名前などドライバーの情報をすぐに送ってくれます。また、その車がどこにいるのか、地図上で見て確認できるので安心です。

ハロン湾を個人で旅行しようと考えている人は、車を自由に呼ぶことができるので、グラブアプリを入れておくことをおすすめします。

グラブの登録の仕方、使い方は色々な方がブログで書いていると思うので、ネットで検索してみてくださいね。

Grabを呼ぶコツ

これはハロン湾に限ったことではないことですが、せっかくアプリでドライバーが見つかってもドライバーが来てくれないことがあります。

私の推測ですが、おそらく原因は呼んでいる自分が外国人だから。

ドライバーはコミュニケーションがとれないと思い込んでいるのではないか、と私は思っています。ベトナム語で「どこにいるのか?」とドライバーから電話がかかってくることがあるのですが、外国人はそれに答えられない可能性が高いですからね。

というわけで先手を打ちます。

グラブにはメッセージ機能があり、写真も送れるので、ドライバーが決定したら、すかさず来てほしい場所の写真を撮影し送ります。

住所の番地が分かる場合は、その数をメッセージで送るのも効果的。

写真や住所を送れば、ドライバーからの確認電話はありませんよ。「OK!」みたいな返事が一言送られてくると思いますよ。

ハロン湾でGrabを使うメリット

ハロン湾は移動距離がある

【Googleマップ:トゥアンチャウ島-バイチャイのホテル】

ハロン湾は、クルーズ船の船着き場(トゥアンチャウ島)とホテルなどのある街(バイチャイ)が離れていて、徒歩だけでの観光は非常にしにくいです。

新しい船着き場はバイチャイという街中にあるのですが、2020年現在、多くのツアーはトゥアンチャウ島の船着き場を利用しています。自分の乗りたいクルーズ船が、新しい船着き場出発とは限りません。

そんなわけで、個人でハロン湾旅行を考えている人は、このトゥアンチャウ島とバイチャイの移動手段を考える必要があるのですが、グラブ以外の方法はタクシーのみ。

ローカルバスは島へ渡る橋の入口までしか来ず、港のあるところまで入ってきてくれません。

写真はトゥアンチャウ島周辺のグラブカーの様子。これだけいれば、おそらく大丈夫ですよね。タクシーはぼったくりの心配もありますが、グラブは事前に値段がわかるので安心です。

移動距離があるハロン湾観光は、グラブを使うと一気に便利になりますよ。

ハロン湾はタクシーを見つけにくい

夜景スポットへコーヒーを飲みに行きました。バイチャイ橋、ライトアップされてけっこうきれいでしょ?

カフェまでの道はこんな感じです。タクシーどころか、車もまばら。これでは、道に立ってタクシーをつかまえられる気がしません。

街の中心部にタクシーはけっこう待機しているのですが、そうでない場所では、正直、グラブなしでタクシーを呼ぶのはきついです。

ハロン湾でのGrab利用まとめ

ハロン湾では、グラブを利用することができます。ただし、バイクの数は非常に少なく、実際に呼ぶことができるのは車のことが多いです。

しかし、観光スポットの距離が離れていたり、タクシーが見つかりにくかったりするので、車だけでも利用するとぐっと便利になります。

ハロン湾へ個人で行こうと考えている人は、ぜひ事前にグラブアプリをダウンロードしておいてくださいね。

※グラブアプリダウンロードには電話番号が必要です。ベトナムでSIM購入予定がない人は日本でダウンロードしておきましょう。