ハロン湾ツアーは英語ツアーと日本語ツアー、どちらがいいの?比較してみました!

ベトナムを代表する世界遺産「ハロン湾」。エメラルドグリーンの海面から突き出る奇岩の風景はまるで水墨画のよう。ハノイ旅行をするなら、ハロン湾も合わせて訪れたい場所です。

さて、そんなハロン湾ですが、日本語ツアーで行くべきか、英語ツアーで行くべきか悩んでいませんか?

今回は、日本語ツアーと英語ツアーどちらがおすすめなのか、比較してみました。

日本語ガイド日帰りハロン湾ツアー

おそらく日本人の多くが、日本語ガイドの日帰りハロン湾ツアーに参加すると思います。日本語を話すベトナム人ガイドがつくので安心ですね。

ツアーの内容

ハノイ市内からバスで3時間半から4時間くらいかけてハロン湾へ。クルーズ船に乗り込み、船上ランチ。ティエンクン鍾乳洞見学をし、港に戻り、バスに乗って再びハノイへというのが、多少の違いはあれ基本の流れです。

英語のハロン湾ツアーと内容はほとんど変わりませんが、どうやらシーカヤックのアクティビティがないツアーが多いようです。

シーカヤック

シーカヤックを体験してみたいアクティブ派の人は、日本語ツアーを申し込むときにスケジュールにシーカヤックがあるかどうか、よく確認してから申し込むようにしましょう。

日本語日帰りツアーと言っても種類は様々…

日本語日帰りツアーと言っても、細かく分けるとさらに種類があります。

まず、団体ツアーかプライベートツアーかということ。そして団体の場合、日本人のみで行くツアーと、英語ツアーとの混在タイプのツアーがあります。混在タイプの場合、1つのバス、1つの船に英語、日本語2名のガイドがつく形です。

さらに、バッチャン村観光との抱き合わせのツアーもあります。

バッチャン焼き

バッチャン村とはバッチャン焼きという伝統的な陶器をつくるハノイ郊外の村です。バッチャン村は個人で行くこともできますが、時間がかかってしまうので、バッチャン村にもハロン湾にも行きたいが時間がないという人にはおすすめですね。

追記:2019年現在、高速道路利用のツアーも人気が出てきました。

ツアーの料金

団体でまわる一般的なハロン湾日帰りツアーはだいたい、70~80ドルくらいで予約することになるでしょう。それ以上の金額の場合、料理が豪華だとか、何か特別な理由があるはずです。

プライベートツアーや抱き合わせツアーはこれに上乗せされた金額になります。バスの豪華さなどによって、100~150ドルくらいといったところでしょう。

追記:・・・この記事を書いた2017年当時、70ドルくらいからしか日本語ハロン湾ツアーがないと思っていましたが、2019年現在65ドルの日本語ハロン湾ツアーがあり、当サイトでもお取り扱いしています。

予約方法

日本語ツアーを予約するなら、ご存知の方も多いと思いますが、ベルトラ(比較予約サイト)でツアーを比べて申し込むのがいいと思います。自分の知らない旅行会社にも、いいツアーがあるかもしれません。

24時間オンライン予約可能★世界中のオプショナルツアー取扱VELTRA

また、日本からハノイ旅行のパックツアーで、ハロン湾ツアーが含まれているものを選ぶのも1つの方法ですよね。

また、現地で予約したいのであればAPTトラベルさんという旅行会社が旧市街(観光地エリア)にあります。

【Googleマップ】

 

トラベルハロン湾でも日本語ツアーをご予約できるようになりました!

 トラベルハロン湾
トラベルハロン湾
http://vietnam-hh.com/halongbay/higaeri/jvta-tourism-1day/
ハロン湾ツアー専門予約サイト!ハロン湾情報も満載です

英語ガイド日帰りハロン湾ツアー

ハロン湾ツアーに限ったことではありませんが、日本語ガイドはとにかく値段が高いので、リーズナブルに行きたい人には英語ガイドを選ぶことになりますよね。ツアーの内容は変わりませんが、値段はだいたい半額くらいです。

また、参加者は世界各国からの人々。英語ツアーだからといって欧米人だけではありません。英語がネイティブじゃない人がたくさん参加しますし、ほとんど英語を理解できない人が参加していることもあります。マイナー言語の場合、その言語のツアーも存在しませんしね。

ツアーの内容

基本的に日本語の日帰りツアーと変わりません。バスに乗ってハロン湾に行き、船でランチ、鍾乳洞を見て帰るという流れです。

しかし、ほとんどの英語ツアーは上記のスケジュールに加えて、シーカヤックをすることになっています。シーカヤックなしを選ぶことも可能ですが、シーカヤック付のツアーを申し込んだ人がシーカヤックをしている間、なしを選んだ人は船上で待っていることになります。

シーカヤックなしを選んだ人も、現地でもシーカヤック代を払って乗れますが、割高になることが多いでしょう。

また、シーカヤックはバンブーボートに変更できる場合が多いです。

バンブーボート

バンブーボートは漕ぎ手のおばさんが漕いでくれるので、小さな子供やお年寄りでも安心して乗ることができます。

シーカヤックやバンブーボートに乗ると、クルーズ船では入れない場所に行くことができます。

シーカヤックの有無&食事内容を確認しよう

ハノイの街を歩いていると、様々な値段のハロン湾ツアーがあります。これらのツアー、もしどれも全く同じ内容だとしたら、安ければ安い方がいいですよね。

基本的なスケジュールはどれも同じと言っていいでしょう。

しかし、ツアーによって異なるポイントが2点あります。

  • シーカヤックがついての値段かどうか
  • 食事内容はどうか

シーカヤック代を抜いた安い料金を大きく掲示している場合があります。

また、海鮮料理を多くつけることで値段はどんどんアップしていきます。英語ツアーを50ドルくらいで予約する際には、どんなランチなのか確認してから乗った方がいいですよ。ランチのメニューがフライドポテトや野菜炒めなのに、日帰りツアーで50ドル以上はちょっと高すぎます。一般的なツアーは、シーカヤック代も入れて30~40ドル台です。

ワンランク上のツアーもある

英語の日帰りツアーの中には、日本語ツアーと同じかそれ以上に高い料金のものがあります。そういったツアーはぼったくりツアーというわけではなく、ツアー内容が豪華です。

食事はもちろん、往復のバス、船、時には航路も異なるかもしれません。

英語ツアーの料金

英語ツアーはシーカヤック代を加えると30~50ドルくらいが、現在の一般的なツアーの料金の相場です。数年前まで20ドルくらいの激安ツアーもありましたが、ハロン湾の入場料が10ドル以上するため、20ドルでツアーを催行するのはかなり難しいと思われます。

しかし、50ドルを超えた額を提示された場合は、なぜ高いのかしっかり具体的な理由を聞きましょう。「料理がいい」という曖昧な答えで納得せず、どんなメニューなのか確認するといいですよ。写真なども見て確認できるといいですね。残念ながら、ツアー代理店やホテルの中には、一般的なツアーをやたら高い値段で売りつける業者もあるので…。

そして、ベトナムでは、同じツアーでも様々な値段で、また様々な場所で売られているのをあらかじめ知っておいてください。同じメーカーのテレビでも、店によって価格が異なるのと一緒ですよ。

予約方法

一番簡単なのは宿泊しているホテルでハロン湾日帰りツアーを予約してもらうことです。40ドル前後を提示されたら、適正価格と言っていいでしょう。

安いツアーを見つけたいという人や十分に時間があるという人は、旧市街エリア(ハノイの観光エリア)の旅行代理店を歩いてまわり、代理店で直接予約することができます。掘り出し物ツアーが見つかるかもしれませんね。

また、ネット予約という方法もあります。

【英語ツアーが予約できるサイト】

  • The Sinh Tourist … 日本でも有名な旅行会社。日本のガイドブックでも紹介されている。(英語サイト)
  • Big Sea Travel … トラベルハロン湾から予約できる旅行会社の公式HP。(英語サイト)
  • EZ STAY Hanoi … 日本人宿。日本語でハロン湾以外にも各種英語ツアーが予約できる。(日本語サイト)
  • はっぴーはうす…トラベルハロン湾を管理する日本人宿。陸のハロン湾チャンアンツアーも人気。(日本語サイト)

どのように予約するにしても、自分の予約しているツアーの内容はよく確認する必要があります。

トラベルハロン湾で、Big Sea Travel の格安英語ツアーを予約しよう!

お申し込みから予約確定までのやり取りはすべて日本語でOK!

質問などもお気軽に日本語でお問い合わせ可能です!

★ツアー詳細はこちら★

結局どちらがいいの?日本語orEnglish

日本語ツアーと英語ツアー、ガイドが日本語か英語かといった違い以外にも、内容や予約方法に違いがあることがわかったと思います。それらを踏まえて、タイプ別におすすめツアーを考えてみました。

英語がコワイ…そんな人は日本語ツアーがおすすめ

まず、英語に対する抵抗感がある人は、日本語ツアーで行くのが無難でしょう。英語ができる、できないではなく、英語で話しかけられることにドキドキしてしまったり、こわくなってしまったりするのだったら、無理して英語ツアーに参加することもないはずです。

最近、英語ハロン湾ツアーの値段があがってきているため、価格差は30~40ドル程度です。

説明が聞き取れるか少し不安…そんな人は英語ガイドにチャレンジ

英語はあまり得意じゃないけれど、普段から個人で海外旅行もしている。簡単な会話ならできる。そのくらいの英語力があれば、ハロン湾の英語ツアーは何の問題もありません。実際、筆者の英語力はその程度です。ネイティブ同士のさりげない会話など、まったくわかりません。

英語ツアーというのは、決して英語ネイティブスピーカーのためのツアーではありません。どこの国の人も参加してね、というツアーです。特に日帰りハロン湾ツアーは、みんなの流れについていけば、何の問題もない流れですよ。

英語アレルギーではない人は、英語ツアーがおすすめです。

日本人のしがらみから離れたい…もちろん英語ツアーですね

外国に来ても日本人ばかり、そんなのは嫌だ!という人はもちろん英語ツアーですね。というか、この記事を読んでいないかも。

シーカヤック体験をしたいなら英語ツアーがおすすめ

日本語ツアーにはシーカヤックのアクティビティがついていないことが多いです。ハロン湾の上でシーカヤックをするのはなかなか楽しいものです。挑戦してみたい人は、英語ツアーを選ぶのがおすすめです。

ただし、オプションの場合もあるので、予約時にしっかりと確認を。

ハロン湾に行くかどうか考え中…英語ツアーなら気軽に予約可能

ハノイに行くことは決まったけれど、ハロン湾に行くかどうか考え中の人は、焦って日本でハロン湾ツアーを予約する必要はありません。ハノイに到着して、ハノイ観光に夢中になってしまったら、ハロン湾へは行かないという選択肢もありです。

英語ツアーはほとんどすべてのホテルで予約できるので、行きたいと思ったら気軽に現地で予約することができますよ。

英語ツアーってぼったくりとかあるんじゃないの?…内容確認の徹底

英語で話すことに不安はないけれど、英語ツアーはぼったくりがあるんじゃないか…そんな心配をしている人も少なくないと思います。

ぼったくり…正直に言ってあるかもしれません。

 

現地の代理店で予約する場合、ぼったくられないためには、相場を確かめてから予約するのがいいでしょう。

また、ぼったくりではありませんが、シーカヤック代を払ったか払ってないかでトラブルになることがあります。シーカヤックに乗りたい場合は、その代金についてしっかり確認してくださいね。

まとめ

私は英語が苦手だから、という理由だけで日本語ツアーを選ぶ必要はないと思います。反対に、英語ツアーの方が安そうだから、という理由だけで英語ツアーを選ぶこともないでしょう。

差額は30~40ドル程度。何万円と違うわけではありません。せっかくの海外旅行なので、自分にとって1番いい選択肢を選んでみてください。

トラベルハロン湾では、現在英語(38ドル)のツアーの予約代行をしていますが、すべての人にこれをおすすめしたいとは考えません。

みなさんのハノイ旅行&ハロン湾旅行がよりよいものになることを願っています。