ハロン湾の街 「ホンガイ」ってこんな街です!~ホンガイ観光のまとめ~

みなさん、「ホンガイ」というベトナムの街をご存知でしょうか?おそらくほとんどの日本人は聞いたこともない街だと思いますが、このページを読んでいるみなさんは、「ハロン湾の街らしい」ということくらい知っているかもしれませんね。

そうなんです。ホンガイはハロン湾に面する2つの街のうちの1つなんです。

ハロン湾というと、ハロン湾クルーズが有名過ぎて、なかなか街歩きをする人はいないかもしれませんが、実はこのホンガイ、ローカル市場あり、ハロン湾の伝説にまつわるお寺あり、美しい教会ありと見どころがけっこうある観光も楽しめちゃう街なんです。

このページでは、ホンガイがどんな街なのか、ホンガイの観光名所、魅力、美味しいもの、色々紹介していきたいと思います。

ホンガイってどこにあるの?

ハロン湾の街の1つ

まず、みなさんハロン湾はご存じですよね?ベトナム北部にある世界遺産の海です。奇岩がにょきにょきと海面から突き出ていて、海の桂林と称されることもしばしば。日本人はよく「ドラゴンボールの景色だ」という人も。

ホンガイはこのハロン湾の街です。

バイチャイとホンガイ

ハロン湾はハロン市に属しているわけなのですが、ハロン市にはハロン湾に面している2つの街があります。地図、左側のバイチャイと右側のホンガイです。

バイチャイは観光の街と言われ、ホテルや観光客向けの店がたくさん並びます。大型テーマパークもできました。一方ホンガイはというと、生活の街。ホテルの数はハロン湾にある割に少ないです。

この2つの街はバイチャイ橋という橋によって結ばれていますよ。バイチャイ橋は清水建設や三井住友建設など日本企業が主体となって作った橋です。

ホンガイの位置

【Googleマップ】

地図でホンガイの位置を確認してみてください。地図を拡大していくと、目の前にハロン湾が広がっていることがわかりますよね。

ホンガイの主な観光スポット

それではホンガイの主な観光スポットをご紹介します。

ハロン市場

バイチャイの街にも市場はありますが、この市場は海に面していて活気が違うように感じます。

新鮮な魚介が豊富に並んでいますよ。買えないのが残念です。

市場で、ハロン湾の特産品「チャームック」(イカのさつま揚げ)を食べるのもいいですね。アツアツでとっても美味しいです。

★ハロン市場の記事はこちら★

ロンティエン寺(竜天寺)

ハロン市場のすぐ近くにあるお寺です。

ハロン湾にはその昔、中国が攻めてきたときに、天より龍が降り立ち敵を打ち破った。奇岩はそのとき龍が吐き出した宝石によってできたのだという伝説があります。

ロンティエン寺はその龍が最初に降り立った場所とのこと。ハロン湾観光するうえでポイントとなる観光名所です。

★ロンティエン寺の記事はこちら★

ホンガイ教会

ベトナムの街には教会がよくあるのですが、ホンガイの街にも教会があります。ハロン湾はクアンニン省という省の中にあるのですが、クアンニン省でもっとも大きい教会だそうです。

もっとも大きいといっても、ハノイやホーチミンの教会に比べると小ぶりですが、建物のつくりがとても美しいです。高台の上にあるので、ホンガイの街を見渡すこともできます。

バイトー山

ロンティエン寺の裏にそびえ立つのがバイトー山です。バイトー山の山頂からの景色はまさに絶景です。登るのはなかなかハードですが、体力がある人には、ホンガイの中でもっとも訪れてほしい観光スポットです。

★バイトー山の記事はこちら★

ローカルの手こぎボート

なんとホンガイでは約500円(10万ドン)でハロン湾クルーズができてしまいます!といっても、地元の人がこぐ手こぎボートですが。ハロン市場の裏側から、個人で交渉して乗ることができます。

この手こぎボート、短時間で沖には出ませんが、なかなか侮れませんよ。

★手こぎボートの記事はこちら★

クアンニン博物館

ホンガイにはかなりモダンな博物館もあります。「クアンニン博物館」です。ホンガイのあるクアンニン省の歴史や文化をこの1箇所で学ぶことができてしまいます。

かなり手の込んだ展示になっていて、飽きずにみることができます。英語があまり得意でない私でも、展示だけでなんとなくわかるように、うまくできていましたよ。

★クアンニン博物館の記事はこちら★

海沿いの道

ホンガイは海岸沿いをのんびりお散歩するのもおもしろいです。奇岩の景色が延々と続きますよ。

きれいな歩道が続いているので歩きやすいです。

アイスを食べながら、歩くのもいいですね。

海沿いのカフェに入ってみるのも、素敵。

★海沿いのカフェの記事はこちら★

ホンガイの美味しいもの

旅行中、観光も大事だけれど、やはり美味しいものも忘れてはなりませんよね。

ハロン湾名物チャームック

ホンガイの名物料理といったら、やはりCha Muc(チャームック)でしょう。イカをすりつぶして、形作り揚げたものです。イカのさつま揚げといった感じ。イカのプリプリ感が美味しいですよ。

ホンガイの街ではBanh Cuon(バインクオン)と食べるのも一般的なようでした。バインクオンはベトナム全土で朝ごはんなどに食べられる、割とポピュラーな米粉の蒸し春巻き。

シーフード

ホンガイは海の町。当然ですが、新鮮なシーフードをいただくことができます。写真はシャコ。ぷりっぷりっでうまみったっぷりです。

ローカル食堂の店先にも魚介類が並びます。ハノイやホーチミンだったら、作り置きのお惣菜が並んでいる場所を魚介たちが陣取っています。

ホンガイへのアクセス

みなさん、記事を読んでホンガイに行ってみたくなってきていませんか。

ハノイからホンガイへのアクセスは、ハノイのバスターミナルから大型バスでバイチャイバスターミナルに行き、そこから路線バスでホンガイの街中へ行くのが基本でしょう。

ハノイからバイチャイバスターミナルまではこちらの記事を参考にしてください。

ハノイからハロン湾への行き方【ローカルバスを使って自分で行く方法!】

バスターミナルからは3番の路線バスにのります。路線バスを使えば、ホンガイの街中へ行くことができますよ。路線バスの詳しい乗り方はこちらの記事を参考にしてください。

ハロン湾の交通事情!バイチャイーホンガイ間を路線バスで移動【ルート・料金・乗り方】

ホンガイの宿

ホンガイはバイチャイに比べて宿の数が少ないですが、それでもやはりハロン湾の町。一般的なベトナムの街に比べたら、ホテルや民宿が多いように感じます。

ホンガイの街歩きを楽しむならシティーベイホテル

ハロン湾・ホンガイで立地重視な人におすすめホテル【City Bay Hotel(シティーベイホテル)】

市場のすぐそばに位置していて、2500円以下で宿泊でき、それなりにきれいな感じ。レセプションには英語が話せる親切なスタッフもいます。気軽に誰でも止まりやすいおすすめホテルです。ただ、ハロン湾ツアーの料金が高かったです。1日目に個人でハロン湾ツアーに参加し、2日目はホンガイの街歩きをしようと考えている人におすすめです。ハノイへ帰るリムジンバスも手配してくれます。

海沿いの散歩を楽しみたい

ハロン湾・ホンガイのおすすめホテル!2500円で超きれい【Halong Park Hotel(ハロンパークホテル)】

ハロン市場からやや離れた場所にあるのですが、海沿いのカフェに近い立地です。ホテルは海の目の前というわけではないのですが、海沿いを歩いたり、カフェでまったりしたり、そんな風に過ごしたい人におすすめです。ハロン市場までも10~15分で歩いていけます。ハロン湾ツアーも割と手頃な価格でる。

まとめ

ホンガイの街から見えるハロン湾は、クルーズ船から見えるハロン湾とはまた違った表情を見せてくれるでしょう。人々の生活のなかにあるハロン湾を肌で感じられると思います。

ハロン湾に面した街というと、観光エリアのバイチャイの方が有名ですが、街歩きを楽しみたい人はホンガイを訪れてみてください。ここで紹介していないホンガイの姿にも、きっとたくさん出会えるはずですよ。

定番のハロン湾クルーズもいいけれど、ホンガイの街で自分らしい旅をしてみましょう。