ホンガイの観光スポット「ホンガイ教会へ行ってきました!予想以上に美しかったです」

ハロン湾の街、ホンガイには高台にとても美しい教会「ホンガイ教会」があります。観光名所として「ロンティエン寺」ほど有名ではありませんが、せっかくホンガイまで来たら、行ってみる価値は十分にあると思いますよ。

フランスの影響を強く受けたベトナムの歴史を感じることができるのではないでしょうか。

ホンガイ教会って?

ホンガイ教会は街を見下ろす高台の上にあります。20世紀の初めに建てられました。しかし、1度は戦争で破壊されてしまったとのこと。現在の教会は1998年に再建されたもの。クアンニン省では最大の教会だそうですよ。

ホンガイ教会の場所と行き方

【Googleマップ】

ホンガイ教会への行き方はそれほど難しくありません。というのも「教会通り」をまっすぐ歩いていけばいいだけなのです。教会はベトナム語で「Nha Tho(ニャートー)」。つまり「ニャートー通り」を行くというわけ。

ニャートー通りに行くためには、まずはこの金の塔を目指します。金の塔の場所から「Tran Hung Dao(チャンフンダオ)通り」という大きな通りが伸びています。

そのチャンフンダオ通りの脇にあるのが、ニャートー通りです。

オレンジの矢印の細い坂道がニャートー通りですよ。

看板も出ています。

あとはひたすらこの道をまっすぐ進むだけです。

住宅地のようなところを歩いていきます。

坂のつきあたりに教会が見えてきましたよ。

予想以上に美しい姿でした

中に入ってみます。

教会の敷地内には、十字架にかけられるイエスの話がいくつかの石像によって表現されていました。

そして教会。堂々としていて美しい姿です。

違う角度から見てもきれいです。

敷地の外からの写真も趣があります。

ベトナムには、ハノイとホーチミンをはじめ、意外とたくさんの教会があります。なのであちこちの教会を見ましたが、この教会は中でも美しい部類に入るよう、個人的には感じますよ。

まとめ

ホンガイ教会、いかがでしょうか。ベトナムには、どこの街にも立派な教会があり、フランス文化の影響を強く受けていることを実感させられますが、ホンガイも例外ではありませんでした。

ホンガイ観光では、地元の市場を見たり、おしゃれカフェに入ったり、お寺に行ったり、そして教会に行ったり…。

ホンガイがもつ色々な顔を楽しんでみてください。