ハロン湾・バイチャイのおすすめレストラン!格安ローカル食堂でシーフードを堪能しよう

ハロン湾で、安くて美味しいシーフードレストランをお探しのみなさん!ローカルのシーフードレストランにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。レストランというよりは食堂ですが、新鮮なシーフードを安く美味しく食べられますよ。

今回は、バイチャイにある地元の人に大人気のおすすめローカルシーフードレストランをご紹介します。

ローカルレストランの注文方法は?

こちら、今回、私が入ったお店。新鮮な海鮮料理を安く美味しく食べられます。

が、見ての通り、ザ・ローカルという感じ。地元のおじさんたちがいっぱいいます。正直、ハノイ在住の私も一人で入るのには抵抗が…。

でも、勇気をもって入ってみましょう。しかし、おそらく大部分の人は、注文方法に困ると思うのです。というのも、この店メニューがない。ベトナム語のメニューすら見当たらない。(朝食時の麺類ぐらいは壁に書いてあったかも。)

そんなときは食材の指差し注文です!

水槽や…

バケツの中に食材たちがいるので、それを指差し注文です。ベトナム語が分かる人は「焼く(nuong)」だとか、「蒸す(hap)」だとか調理方法を言ってもよいかもしれません。でも、食べ方がよくわからない場合は、何も言わないと、店の人がベストの調理方法で出してくれます。間違った調理方法だと美味しくない場合もありますからね。

注文し終えたら、空いている席に座りましょう。

新鮮シーフードの美味しさ

しばらくすると、頼んだ料理が出てきます。ぷりっ、ぷりっのイカ。また食べたい!

エビ…頭のところが、めちゃめちゃジューシー。

マテ貝。うまっ。ごはんのおかずにもなる。

シャコ。エビとカニの中間のような食感がたまりません。

あさりスープ。トマトとパイナップル風味でベトナム料理っぽい。

魚のスープ。ふわふわの白身でした。

どれも、注文してから作ってくれるので、出来立てで本当に美味しいかったです。

…あ、これ1回で頼んだじゃありませんよ。美味しくて気に入ってしまったので、同じ宿に泊まっていた日本人の人を誘って再び行ってしまいました。

お得なローカル料金

さて、料金ですが、やはりきちんとしたレストランで食べるよりお得だと思います。

焼きエビもいか炒めもシャコも、山盛りのって、8万ドン(約400円)でした。マテ貝はちょっと高くて10万ドン(約500円)。

ちゃんとしたレストランの半額くらいの値段でシーフードを楽しむことができます。

空芯菜炒めも注文したのですが、2万ドン(約100円)でした。空芯菜炒めはベトナムのレストランでどこにでもあるので、その店の価格帯の参考になると思うのですが、2万ドンというのは、完全にローカル食堂価格だと思います。

1人20万ドン(約1000円)握りしめていけば、これでもかっていうくらい思う存分シーフードを食べてお腹いっぱいになることができると思いますよ。(1000円分のシーフードは、普通の女性だと食べきれないと思います…)

朝ごはんから挑戦するのがオススメ

ローカルのお店に行けば、安く、美味しく、新鮮なシーフードを楽しめるわけですが、ちょっと外国人にはハードルが高いのも事実。

英語は基本、通じませんからね。店のお兄さん、数字も10以上はあやしかった…。

そこで、おすすめは最初は朝食時に訪れることです。

こちらのお店、朝食時には麺料理屋になっています。朝食の方が、わかりやすく食材が並んでいます。食べたい食材と食べたい麺を選びましょう。

私は「バインダー」という茶色い少しコシのある麺と

カニのすり身を選びました。

その結果出てきたのがこちらの麺。カニがこれでもかってくらい入っていて、3万ドン(約150円)でしたよ。

ローカルレストランの名前・場所は?

さあ、みなさん、ローカルシーフードのお店に行ってみたくなってきませんか。こちらのお店、名前は「Hoai Thu(ホアイトゥー)」と言います。

ハロン湾は、バイチャイとホンガイ2つの街に分かれているのですが、バイチャイにあり、バイチャイ市場の目の前に位置しているので探しやすいです。

【Googleマップ】

【住所】87 Anh Dao

まとめ

地元の人が日々通うようなローカル食堂に入ると、レストランで食べる半額くらいの値段で新鮮なシーフードを楽しむことができます。今回、紹介した店はとてもわかりやすい場所にあるので、バイチャイを訪れる人はぜひ挑戦してみてください。

「いや、でも、英語が全く通じないローカルはキツイなぁ…」と感じる人は、まずは朝食から食べに行ってみましょう!