ベトナムのローカル宿「ニャーギー」で日本語が通じた!ハロン湾・ホンガイおすすめ宿の【Anh Van(アインヴァン)】

ハロン湾の楽しみ方はクルーズだけではありません。ハロン市には、大きな市場や巨大ロープウェイなど観光スポットがもりだくさん。ハロンの街に何泊かしてみるのもありです。

トラベルハロン湾では、いくつかのホテルやゲストハウスに実際に泊まってレポートしてきました。8つ目の宿はなんと日本語が通じる宿です。今回、1泊500円のドミトリーから2500円くらいのエコノミーホテルまで、たくさんの宿に泊まってきましたが、日本語が通じたのは唯一ここだけ。

それでは日本語が通じる宿「Anh Van(アインヴァン)」を紹介します。

あ、通じるといっても、ペラペラというわけではないのでご理解くださいね。

宿泊施設の立地

【Googleマップ】

【住所】10 Hang Noi

アインヴァンがあるのは「Hang Noi(ハンノイ)通り」です。

ハロン市場にも近く、絶景が楽しめるバイト山にもすぐに登ることができます。写真はバイト山からの絶景。

ハンノイ通りは短い通りですが、アインヴァン以外にもいくつかのニャーギーと小さなホテルが並んでいます。ちょっとした安宿通りですね。

ニャーギーというのはベトナムの安宿のことです。(ときにラブホとしての役割も果たしています。)「Nha Nghi」と書きます。

アインヴァンはというとホテルではなく、ニャーギーです。

部屋の様子

しかし、お部屋を見せてもらうと明るくて清潔な感じ。

ラブホテルなんていうと、泊まる気がなくなってしまいますが、ここのニャーギーは小ぎれいなローカルゲストハウスといった感じです。

バスルームも問題なく清潔です。ただ、シャワーとトイレに仕切りはありませんが、これはベトナムでは割とよくあること。

館内の様子

1階はカフェになっています。地元の奥様方のたまり場といった感じでした。

他に特別なスペースはありません。

朝食

ニャーギーには基本、朝食はつきませんが近所に食べるところが豊富にあります。写真は宿の隣の店。

料金

個室が30万ドン(約1500円)からでした。

ツアーの手配

ツアーやバスの手配は基本的にしていません。ただ、頼めばやってくれます。今回、私はハノイまでのリムジンバスの手配を頼みました。

日本が大好きなオーナー

こちらの宿、看板には「ニャーギー」と掲げており、なかなかローカル色が強いのですが、やはり最大の特徴はオーナーの女性が日本が大好きで、独学で日本語を学んでいることです。

簡単な会話だったら、日本語で話すことができますよ。オーナーさんいわく、英語より日本語の方がわかるとか。

写真のように日本の化粧品の販売もしています。ユニクロの衣料品も少しおいていました。ユニクロが大好きだそうです。

まとめ

ニャーギーでまさか日本語が通じるとは思いませんでした。正直なところ、ベトナム語しか通じない場合が多いのです。ハロン湾で日本語の通じる宿を探していたら、ハンノン通りのアインヴァンにぜひ行ってみてください。

Anh Van の概要

部屋…個室(30万ドン~)

シャワー…ホットシャワー

タオル…バスタオル

アメニティ…歯ブラシ、シャンプー、ボディーソープ

朝食…なし

WiFi…有り