ハロン湾でローカル市場!!バイチャイ市場(ブオンダオ市場)へ行ってみよう

バイチャイにもし1泊するなら、バイチャイ市場(ブオンダオ市場)に行ってみることをおすすめします。

バイチャイには大型遊園地や海上ロープウェイがあり、たくさんのホテルが立ち並んでいますが、もちろん、そこには地元の人々の生活があるわけです。地元の人の生活も垣間見てみましょう。

バイチャイ市場の場所

【Googleマップ】

【住所】Anh Dao, Bai Chay

バイチャイ市場へはアインダオ通り(Anh Dao通り)を歩いて行きます。ゲストハウスやローカルの食事処が並ぶ通りです。通りのつきあたりに市場がありますよ。

ハロン通りから、アインダオ通りに入るところです。ハロン通りはバスが通る大通りです。

ビーチ関連グッズがたくさんあります

バイチャイ市場はベトナムの一般的な市場です。でも、やはり海の街。水着など海関連のものが充実しています。

海の街に来たから、ビーチサンダルでも買いたいな♪ そんな時には、バイチャイ市場をどうぞ。

お土産Tシャツもあります。…が、なかなか日本人の好みには合わなさそうですね。ダナンなんかに行くと、けっこうお洒落な感じにお土産Tシャツを作っているのですが。

自撮り棒や、海に行くときにPhoneを入れるケースも売ってました。

地元の人向けのものも

地元の人は日常的にここで買い物をしているようです。

新鮮な魚介類もありますよ。

市場の中の食堂です。

市場巡りのあとに海鮮朝食はいかが?

市場のすぐ近くに、ローカルの食堂がいくつかあります。私は市場を見てまわったあと、市場に近いこの店でバインダー(サトウキビが練りこまれたハイフォン名物の麺)を朝食としていただきました。1杯3万ドン(約150円)です。※選んだ具材によって値段が変わるかもしれません。

具材を選ぶことができたのですが、蟹のすり身をチョイス。

英語はほとんど通じないと思ってもらってよいのですが、ケースに具材が並んでいるので、指さしでの注文も可能ですよ。

お店はこんな感じです。

昼や夜は、麺類ではなくおかずを出すお店に変わります。

まとめ

ザ・観光客向けのものが多いバイチャイですが、市場に来ると地元の人の生活を感じることができます。また、市場周辺には、ローカル食堂が多くあり、ローカルの味も楽しむことができます。

もし、バイチャイに1泊するならば、朝はバイチャイ市場に出かけてみてはいかがでしょうか。